2.5次元芸能コラム

自分だけのオリジナル『2.5次元ノート』作り方は意外にかんたん!

  1. HOME >
  2. 2.5次元芸能コラム >

自分だけのオリジナル『2.5次元ノート』作り方は意外にかんたん!

こんにちわ。にゃーほほ☆Rです。

2019年もあと少しですね。2020年、東京オリンピックなど多くのプレミアムなイベントもありますが、あなたはどんな年にしたいですか?

新しいスケジュール帳やカレンダーなどを用意している方も多いかと思います。近年「逆算手帳」「バレットジャーナル」など書いて…お金や仕事(勉強)を管理する事が流行ってますね。

大好きな推しに会えた感動や、初めて見たミュージカルについて…何もしていないなら、もったいないです。文章が苦手でも絵が描けなくても、記憶を記録することで思い出も大切に保管することができるんです。

そこで、今回はオリジナルであなただけの『2.5次元ノート』の作り方のヒントをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

何を書いたらいい?わからない人のためにおすすめノートはこちら!

何を書いたらいい?わからない人のためにおすすめノートはこちら!_アイキャッチ

実は、既に市販で『2.5次元ノート』が販売してます。

可愛いですし…オシャレでどんな内容を書けばいいのか?中身を見ながら項目を埋めるだけと手軽なものです。

どんな内容なのか?見てみましょう。

『舞台観劇を2.5倍楽しめる手帳』は大人女子におすすめ!

舞台観劇を2.5倍楽しめる手帳2020_アイキャッチ

こちらの手帳(ノート)はホーム社(集英社グループ会社)から2018年に2019年版が発売されました。

A5サイズで女性でも持ちやすく、人気のサイズで全155ページあり、ファスナーポケットが付いています。

観劇後の半券などを保管するのにも便利と好評でした。舞台観劇が趣味だという女性スタッフが自身の経験から提案し開発した手帳です。

こちらの手帳は好評で2019年の10月には2020年版も販売開始しています。2019年版の購入者からのアイデアなどを盛り込み、より使い易い手帳としてパワーアップしている所もおすすめポイントです。

こちらの手帳は好評で2019年の10月には2020年版も販売開始しています。2019年版の購入者からのアイデアなどを盛り込み、より使い易い手帳としてパワーアップ_アイキャッチ

気になる内容は下記の通りです。

  • 年間スケジュール
  • 月ごとのスケジュール
  • 観劇した日の記録が書けるステージログページ
  • 会場の座席や情報ページ(2019年版:16会場→2020年版:20会場)
  • 持ち物チェック表
  • 舞台用語辞典
  • グッズ交換に使える「取引管理ページ」
  • 観劇公演リスト
  • 特製シール付き
  • ファスナー付き特別カバー使用

会場情報ページにはQRコードが付いているので、スマートフォンで詳しい情報を確認できるのも嬉しいですね。価格は2000円(+税)となっています。気になる方はお近くのアニメイト(遠方の方はオンライン)で購入可能です。

充実した内容でスケジュール管理と観劇記録もできる『舞台観劇を2.5倍楽しめる手帳』ですが…学生の方や手帳はお気に入りのものを使用したいという方もいるかと思います。

記録だけしたい…という方におすすめのノートもありますよ。

豊富なカラーバリエーション『レポチケ』はチケットも思い出も大切に保管できる!

豊富なカラーバリエーション『レポチケ』はチケットも思い出も大切に保管できる!_アイキャッチ

『レポチケ』は観劇した舞台やミュージカル、ライブのチケットを透明なフィルムに収納することでキレイに保管できる事と、そのチケットの思い出を記録できるノートです。

2018年9月に発売し、ツイッターやインスタグラムなどのSNSの投稿から話題となりました。

カラーバリエーションは10種類あります。

カラーバリエーションは10種類あります。_レポチケアイキャッチ

レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ピンク、ライトブルー、ホワイト、ブラック、シルバー、ゴールド

また、フリースペースがドットで文字が書きやすい『レポチケ』もあり、カラーは同様の10種類です。

気になる内容は下記の通りです。

  • チケットや銀テープ保管が可能なフィルムポケット(上ページ)
  • 観劇した舞台やミュージカルの思い出を書き込めるフリーページ(下ページ)
  • 裏写りしにくい紙を使用
  • 全20公演分の記録が可能
  • 12cm×21cm(閉じた状態)
  • 価格:900円(+税)

レポチケ内容_アイキャッチ

限定カラー(オレンジ、パープル)も1200円(+税)で発売しています。推しのイメージカラーでノートのリンクカラーを選ぶ事も。

また『レポチケ』専用の付箋「レポチケグラフせん」もあります。

カテゴリーごとに全5種類があり、あなたなりの舞台評価もできちゃいます。

  • ライブ・コンサート
  • 舞台・映画
  • ビジュアル①(かわいい・セクシー・美しい・かっこいい・フリー1箇所)
  • ビジュアル②(顔・髪型・衣装・フリー2箇所)
  • カスタマイズ(全てフリー)

価格も1,000円以下ですし…カラーバリエーションも豊富でどれにしようか迷います。

実は、上記で紹介した手帳やノートよりお手ごろで観劇の記録する事も可能です…。

ハゴロモ レポチケ ドット 82108 ブラック

100均一で代用しちゃう?!『じぶんだけの映画ノート』

自分だけの映画ノート

はっきり言うと…観劇専用のノートではありません。

筆者がいつものように100円均一ショップでショッピングしていると、目に飛び込んだのが『じぶんだけの映画ノート』なるものでした。

9月中旬くらいから並び始めるスケジュール帳やカレンダーの棚の近くにそれはありました。

『じぶんだけの○○シリーズ』は全7種類

  • じぶんだけの映画ノート
  • じぶんだけのお弁当ノート
  • じぶんだけのラーメンノート
  • じぶんだけのパンノート
  • じぶんだけのレシピノート
  • じぶんだけの旅行ノート
  • じぶんだけの読書ノート

ライフプラスシリーズの『じぶんだけの映画ノート』を実際に手に取って見てみました。すると…観劇用ノートの内容に瓜二つだったんです。

観た映画を記録しておく_アイキャッチ

気になる内容は下記の通りです。

  • タイトル鑑賞日、監督、脚本鑑賞方法(映画館、DVD・ブルーレィ、TV)、制作国、公開年、上映時間主演音楽、ジャンル(アクション、SF、ミステリー・サスペンス、ホラー…など)
  • ストーリー
  • 評価グラフ(脚本、キャスト、映像、演出、音楽)
  • 印象に残ったシーン・セリフ
  • MEMO

上記は記入内容です。太文字は舞台やミュージカル観劇でも同様に記録できると思います。ライブビューイングした場合や動画配信で鑑賞した場合などにも利用できるのも特徴です。

  • A5サイズ
  • 56公演分の記録可能
  • クリアカバー付き
  • セリアで購入可能
  • 100円(+税)

こちらの『じぶんだけの映画ノート』は筆者も1冊購入させて頂きました。人気なのか…次に行った時には品切れしておりました。気になった方は、見つけたら即購入をおすすめします。

ここまで3つの市販の手帳やノートを紹介しました。

最後に、究極のオリジナルを作りたい!という方はどうするれば良いかをお伝えしていきたいと思います。

超オリジナル自分だけの「観劇ノート」のススメは…

オリジナルノート作成

冒頭でもお伝えしました。「逆算手帳」「バレットジャーナル」をされている方がいれば、ご存知かと思いますが…これらの手帳術は全てまっさらなノートを利用しています。まっさらなノートを使用することでよりオリジナルのものができるからです。

オリジナルティを求めるには…何も書かれていないノートを利用するのが一番ということになります。

観劇ノートの基本さえ理解していれば大丈夫!

ここまで読んで頂いた方なら…お気づきかと思いますが。

観劇ノートで必要な項目は以下の通りです。

  • タイトル名(舞台・ミュージカル名)
  • キャスト名(推しの役名だけでもOK)
  • 観劇日(動画配信の場合は視聴日)
  • 会場
  • ストーリー
  • 感想

これらを記入するだけでもオリジナル感劇ノートになります。さらに、充実させたいのであれば…以下の項目もおすすめです。

  • 座席からの見え方→双眼鏡の使用の有無
  • 持っていって良かった物
  • 持っていけば良かった物→次回、同じ会場の時にの持ち物リストになります。
  • プレゼント→プレゼントの重複防止(手紙の場合は内容)
  • 買ったグッズ
  • 欲しかったけど買えなかったグッズ→完売していた場合など、メルカリなどで探す時便利
  • 使ったお金→ここも大切

項目だけでなくアイテムを利用する事でよりステキなノートを作ることができます。

  • A6サイズ用のクリアポケット(A5サイズ以上ノート使用の場合)
  • 推しの画像コピー(イラストが苦手な方)
  • イメージカラーや柄のマスキングテープやシール

実際に筆者もこれから「オリジナル感劇ノート」を作ろうとしたときの画像がこちらです。参考になればと思います。

オリジナルノート作成

まとめ

観劇した舞台やミュージカルはどの作品も良い思い出だと思います。スケジュール帳などに文章で感想を残すだけでは…もったいない。

筆者は、チケットを何年経っても捨てられず大切に保管していて…「捨てる」か「保管するか」で迷っていました。

きっと年の瀬で、大掃除する中で筆者と同じように迷っている方がいるかもしれないと思ったんです。

ノートに記録として残す中にチケットも入れておけば、ふとしたときに振り返られますし…推しの成長記録にもなります。

寒い日、想いを馳せながらチケット一枚一枚の思い出と共に「観劇ノート」を作って見ませんか?

\ この記事の感想をお聞かせください /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
にゃーほほ☆R

にゃーほほ☆R

2.5次元というジャンルを知って…気付いたらすっかり沼って抜けられない状態。
2.5次元の作品や出演している俳優の活動や想いを多くの方に知って頂くのがモットー。

-2.5次元芸能コラム

© 2020 2.5次元チャンネル