2.5次元芸能コラム

2.5次元作品にとどまらず…大活躍!2月5日は荒牧慶彦の誕生日!

2.5次元作品にとどまらず…大活躍!2月5日は荒牧慶彦の誕生日!_アイキャッチ

こんばんわ。にゃーほほ☆Rです。

2月5日は何の日でしょう?…双子の日?笑顔の日?
ファンの方々ならば心の底から叫んでいるでしょう…「マッキーの誕生日!」

ファンの皆さんや多くの俳優仲間から「マッキー」の愛称で呼ばれている荒牧さん。お誕生日おめでとうございます!

実はこのサイトでは既に荒牧さんが出演している2.5次元作品について触れているので…今回は、今後荒牧さんがどんな活動をしていくのか?勝手に予想(要望も含め)していきたいと思います。

2019年もっとも2.5次元男子で地上波に出演したのは…荒牧慶彦!_アイキャッチ
2019年に多くの地上波に出演した2.5次元男子…荒牧慶彦に注目!

こんばんわ。にゃーほほ☆Rです。12月になり…令和元年もあと2週間余りとなりました。 2.5次元作品や2.5次元男子(俳優)を追いかけさまざまな記事を執筆してきました。2.5次元男子が昨今は注目される ...

スポンサーリンク

2019年4月からフリーランスとして俳優活動開始!

2019年4月からフリーランスとして俳優活動開始!_アイキャッチ

筆者も一応フリーランスでお仕事させて頂いていますが…俳優さんがフリーランスで活動するというのはかなりの覚悟が必要だったのかな?と想像しています。

芸能活動していくために必要なことを考えるよりも多いのでは…。

フリーランスで俳優をするという事…荒牧慶彦の決意を感じる言葉

フリーランスで俳優をするという事…荒牧慶彦の決意を感じる言葉_アイキャッチ

2017年11月、WOWOW(ライブ)で『2.5次元男子推しTVシーズン2』がスタートしました。
MCは鈴木拡樹さんです。

第一回目のゲストの荒牧さんにとって、鈴木さんは先輩俳優でもあり舞台『刀剣乱舞』などで共演経験もある間柄。

ゲストの休日に密着するコーナー「DAY OFF」

「空を飛んでみたい」と向かった鳥取砂丘。だんだん天候も悪化し大雨になっていく嵐の中、誰もが諦めかけているにも関わらず荒牧さんただ一人は「飛べる」と強い想いを持っていました。

雨でも楽しめる観光スポットを巡って…午後になり天候が回復し飛べる事に!…軌跡を見せた荒牧さん、さすがモッテル人です。

筆者は気持ちよくパラグライダーで飛び終わった後の言葉をふと思い出しました。

「(空から)街並みをね。道路とか、夕日だったりずっと見て、ボーとしてたら…まだまだだな。と思いましたね。仕事は頑張りつつも、もっともっと新しいフィールドだったりとか。どんどん意欲的に与えて頂いたチャンスに食らいついていきたい。」

この言葉を発した時には「フリーランス」で活動することを決めていたかと想像できます。空を飛べた事で荒牧さんの本心に近い言葉がでたのかな…と勝手に想像してしまいました。

そもそも…フリーランスって何?

そもそも…フリーランスって何?_アイキャッチ

最近働き改革もあり…フリーランスで働いている人が増えてきました。筆者もその一人。

フリーランスってそもそも何?という方もいるかと思います。

事務所、会社に所属しない人…フリーターとは違うよ

事務所、会社に所属しない人…フリーターとは違うよ_アイキャッチ

似た言葉に「フリーター」というものがあります。

フリーターは会社に所属しないでアルバイトやパート、日雇い派遣などで生計を立てる方のことを指す言葉です。フリーランスも会社に所属はしていませんが…フリーターとは違うんです。

「フリーランス」を辞書で調べてみると。『自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である(ウィキペディアより)』とあります。つまり、個人事業主であり自らの「技能」を提供することで収入を得る人ということです。

芸能人の場合、フリーランスで活動することはある程度「知名度」が必要になります。また、今まで事務所が行っていた仕事も芸能人自らが行わなくてはならず負担も多くなる…はずです。

それでもフリーランス活動を選択するのにはメリットがあるからです。

事務所NGがなくなる!?仕事の幅を広げられる!

事務所NGがなくなる!?仕事の幅を広げられる!_アイキャッチ

俳優のマネージメントを行っているのは所属する事務所です。

例えば。唐沢俊樹さんはデビュー当時、自らの好みで革ジャンにリーゼントというスタイルでしたが、事務所の方針でチノパンにポロシャツというさわやかなイメージチェンジをすることで、NHKの連続テレビ小説の出演が決まり、現在の奥様・山口智子さんと出会った…というのは有名な話。

荒牧さんの場合は、自身がチャレンジしたいお仕事が多くあることからフリーランスを選択されたかと思います。

俳優業は常にオーディションで仕事をゲットするってホント?

俳優業は常にオーディションで仕事をゲットするってホント?_アイキャッチ

2.5次元作品に出演している俳優の多くは、作品ごとにオーディションに参加していることをご存じでしょうか?

役を得るためのオーディションはアマもプロもありません。役を演じられるかの実力と(2.5次元作品の場合は特に)役(キャラクター)とのマッチングです。

稽古や公演の合間を縫ってオーディションを受け次の役を得ることを考えると、次々新たな作品に出演している荒牧さんがどれだけ努力しているか…想像がつきません。

新たなフィールドへのチャレンジ

最近、荒牧さんをお茶の間でお見掛けすることが多くなりましたね。ファンにとっては嬉しいことです。

クイズ番組…バラエティ教養番組への出演!

新たなフィールドへのチャレンジ_荒牧

フジテレビ系列『ネプリーグ』、朝日テレビ系列『林修の今でしょ!講座』はどちらもゴールディンタイムに放送される人気番組です。

こちら2つの番組に出演している荒牧さん。ドラマでも映画でもないところでマッキーが見られるなんてファンの皆さんにとって幸せな時間だったかと思います。

クイズに不正解だった時の表情…焦っている時の表情…。キュン死しちゃった方多かったのでは?TV出演を知らず、いつものように付けたその番組に「マッキーーーがぁあ!!」という方もいたようで、ツイッターも大盛り上がりでしたね。(←筆者もその一人。)

今後このようにバラエティ番組にもどんどん出演してくれることを期待したいです。

雑誌の取材も…増えた?!

雑誌の取材も…増えた?!_荒牧

「週刊朝日」「AERA」の表紙を飾った荒牧さん。

「週刊朝日」は1922年創刊された老舗週刊誌で、大人女子に多く読まれている週刊誌です。AERAはその時に旬の人を表紙にすることでも有名ですね。

「週刊朝日」ではフリーランスで活動することについても触れています。「自身でやる事が増えた」と環境の変化についても語っています。

それでもいろいろな分野で活動し、俳優としての幅を広げていきたいという想いも語られているので、チャレンジしている荒牧さんを応援したくなります。

若者が手に取る雑誌などにも多く取り上げられている中「週刊朝日」に取り上げれれるというのは、ファンの年齢層が広がっている、荒牧さんの知名度が上がっている証と言えるのではないでしょうか。

どの雑誌のインタビューを拝見しても質問に対して真摯に答える姿が想像できますし、何よりファンへの感謝の言葉がいつも添えられているのは嬉しいですね。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥37 (2020/10/23 23:03:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
朝日新聞出版
¥918 (2020/10/23 23:03:48時点 Amazon調べ-詳細)

新たなジャンルへ挑戦する姿がカッコいいぞ!マッキー!!

新たなジャンルへ挑戦する姿がカッコいいぞ!マッキー!!_アイキャッチ

2.5次元作品の枠だけにとらわれず…さまざまなジャンルに挑戦する姿はやっぱりカッコいいですよね。

eスポーツへの挑戦…将来はオリンピックに出場も?

eスポーツへの挑戦…将来はオリンピックに出場も?_アイキャッチ

2019年秋。
2.5次元作品に多く出演している若手俳優を中心に10名で結成されたeスポーツチーム「AGP」。
このメンバーに荒牧さんが参加すると発表されましたね。

『チャノマップ』(YouTube番組)内で、こたつに入りながらゲームする姿を放送することがきっかとなり結成したチームですが…荒牧さんの腕前がスゴイです。

他のメンバーが苦戦するところもスマートにクリアしてしまう程で、自身でも「ゲーマー」を名乗るだけの実力の持ち主です。

今後eスポーツはオリンピックの正式種目になる可能性もあります。…荒牧さん、オリンピックに出場なんてビッグニュースが流れるかも?!

「能楽男師」に参加!新たなジャンルに挑戦する荒牧慶彦

「能楽男師」に参加!新たなジャンルに挑戦する荒牧慶彦_アイキャッチ

日本芸能文化には「歌舞伎」「能」「虚言」などあります。歌舞伎界では『NARUTO』『ナウシカ』の演目を上演したり…新たなチャレンジをしています。

「能」「狂言」でも新たなチャレンジをしているのをご存じでしょうか?

若手のイケメン俳優が「能」「狂言」の演目を披露し、若い世代に広めようという試みです。その第二弾となる「能楽男師」に荒牧さんが参加されます。

古典芸能はどうしても「難しい」イメージがあります。皆さん、高校生の時に古典で習った思い出ありませんか?
お昼ご飯の後の古典の時間は子守歌に聞こえていたのはきっと筆者だけでないはず。

そんなイメージを優しい・面白い舞台として表現するのが「能楽男師」。荒牧さんの和装もきっと素敵でしょうね。

まとめ

今回は「祝・誕生日おめでとう!!マッキー」という事で…今後の荒牧さんの活動を応援すべく様々な視点からマッキーを掘り下げていきました。

俳優として舞台にも立ち、雑誌の取材も受け…ゲームキャラクターの声も担当。本当にいつお休みしているのか…心配するファンの方もいるかと思います。荒牧さんの元気の源…それはあなたの応援です。

どんなことにもチャレンジしている荒牧さん。今後の活動がどう展開するのか?楽しみで仕方がありません。

\ この記事の感想をお聞かせください /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
にゃーほほ☆R

にゃーほほ☆R

2.5次元というジャンルを知って…気付いたらすっかり沼って抜けられない状態。
2.5次元の作品や出演している俳優の活動や想いを多くの方に知って頂くのがモットー。

-2.5次元芸能コラム

© 2020 2.5次元チャンネル